EDの症状や原因とは?こんな方にカマグラゴールドはピッタリです

日本人成人男性の4人に1人はED症状を発症していると言われています。
実はEDにはタイプがある事をご存知でしょうか?
自分のEDタイプを知り、積極的に解決していくことが今後の夜の生活のために大切です。
勃起に悩みを持つ男性にカマグラゴールドの通販は人気です。

今回はカマグラゴールドはどういったEDタイプの男性に適しているのかをご説明していきたいと思います。

EDの症状

EDの症状

ED(勃起不全・勃起障害)と聞くと、完全に勃起ができない状態を想像する人も多のではないでしょうか。
しかしEDとは思うような勃起や維持ができず、セックスを行う事が困難な状況を指します。

✔性欲はあるのに、勃起ができない
✔最初は勃起するが、持続ができない
✔挿入しても、途中で中折れしてしまう
✔勃起の硬さが足りない

上記のように、EDと完全に勃起ができない状態だけでなく、中折れや硬さが足りないなどの症状も含まれているのです。

ED症状は軽度のものから重度まであります。

軽度・・・以前よりも勃起がしずらい、または勃起の硬さが弱くなってきたと感じます。

中度・・・性行為中に中折れしたり、勃起の持続時間が以前よりも短くなります。

重度・・・勃起が困難、あるいは完全に勃起ができない状況です。

勃起に関して以前との違いに異変を感じれば、EDのサインかもしれません。
EDは放っておいても自然治癒する事はなく、悪化してしまう可能性が高いです。

ED症状は中高年層に多く見られますが、20代~30代の若年層でもEDを発症する事は珍しくありません。

タイプ別EDの原因

まずは自分のEDのタイプはどちらに当てはまるのかチェックしていきましょう。
ED治療のカギとなります。

心因性タイプ

心因性ED

精神的なストレスによって起こるのがこの心因性タイプ。
とくに20~30代の若年層に見られます。
例えばセックス対する緊張や、日ごろのストレスなどがきっかけで勃起できず、セックスが失敗に終わった経験があったとします。
「この日はコンディションが悪かった」とあっけらかんとしていたら良いのですが、案外このような過去の失敗を引きづってしまう事も少なくないのです。
「また勃たないんじゃないか、セックスできないんじゃないか」という不安感から2度、3度失敗するようになり、さらなる悪循環に。
こうなるといよいよ本格的に心因性EDとなります。

心因性の理由はそれぞれ

何に対してストレスを抱えているのかというのは人それぞれです。
心因性タイプでも「現実心因」と「深層心因」があります。
現実心因は日常における心身ストレスによって引き起こされるもので、深層心因は心の深い所による心理的原因によって引き起こされるものです。

現実心因・・・セックスに対する過剰な緊張、人間関係の悩み、仕事の悩み、経済的困窮、パートナーとの不仲、性的無知・未熟、初体験、早漏、結婚初夜、過去のセックスの失敗体験、性感染症に対する恐怖、ペニスのコンプレックスなど

深層心因・・・幼少期の心的外傷体験、母子分離不全、セクシャルマイノリティ、抑圧された怒り、寝た身、憎しみ、愛憎、葛藤など
このように心因性のEDが考えられるキッカケは多岐にわたります。

心因性EDにカマグラゴールドは有効か?

カマグラゴールドは心因性のEDにも有効です。精神的ストレスによって勃起するのを妨げるPDE5を阻害する事により、勃起に充分な血液をペニスに送る事ができます。

治療薬を飲んでセックスに成功できたことがきっかけで、「薬があれば安心だ」と思うようになり、そのままEDが治ってしまうケースも。

心因性のEDの場合は治療薬と同時に心理カウンセリングも大変有効です。カマグラゴールドをはじめとするED治療薬は、EDの原因根本を治療するものではないからです。あくまで勃起をサポートするものであることから、根本原因を解決する事も大切でしょう。

とくに深層心因の場合は根が深く、本人すら自覚していない場合も多いです。そのため解決するにも時間がかかる場合があります。思い切って専門家に頼るのも手段です。

器質性タイプ

器質性ED

体に何らかの原因があり、物理的に勃起する事が出来なのが器質性タイプ。
器質性EDは以下のように細かく分類する事ができます。

①血管障害
加齢や生活習慣病(糖尿病、高脂血症、高血圧など)が原因で起こる動脈硬化、前立線がんや肥大などの陰茎周辺の外科的手術による神経や血管の損傷。

②神経障害
不慮の事故などが原因による、脊椎など脳から陰茎までの伝達神経の損傷。
あるいは脳卒中、てんかん、糖尿病神経症、パーキンソン病などによる神経症障害

③テストステロンの低下
飲酒、喫煙、加齢やストレスによる男性ホルモン「テストステロン」などの内分泌機能低下。

血管障害によるED

血管障害によるEDでもっとも多いのが、加齢による動脈硬化です。動脈硬化の原因は生活習慣病が代表的です。糖尿病、高脂血症、高血圧は動脈硬化を引き起こし血管を硬くします。糖尿病とEDの関係性は深く、糖尿病患者の半数はEDを発症しているのです。
そして血管というのはどうしても加齢とともに硬くなっていきます。歳を重ねると肌の弾力が失われていくのと同じです。
弾力性が低下した血管は、充分に拡張するのが困難になるため、陰茎周辺の血管がうまく広がらず、ペニスに血液が送られるのが難しくなります。
また、手術や過去に受けた事故により陰茎に繋がる血管の損傷・断裂がおきた場合は軽度~重度のEDを発症する場合も。

神経障害によるED

勃起は性的興奮がスイッチとなり、脳からの指令が神経に伝わり、血管を拡張する成分が放出され、血管が拡張しペニスに血液が流れ込みます。
脳からの伝令を伝える神経が手術や事故による骨盤、脊椎の損傷や断裂で、勃起が難しい状態となります。
脳卒中、てんかん、糖尿病神経症、パーキンソン病などの神経症障害も神経コントロールがうまくいかず、EDの原因になるでしょう。

テストステロン低下によるED

男性ホルモンの1つであるテストステロンは30代から分泌量が低下し始め、40以降になるとさらにテストステロン量が低くなります。
テストステロンは男性らしい体つきにし、性欲を上げ精子を作る性機能維持の働きなどがあるホルモンです。
テストステロンの低下は勃起力を弱めEDに繋がります。
テストステロン減少の原因は加齢だけではありません。喫煙や飲酒、ストレスなどによっても引き起こされます。

器質性EDにカマグラゴールドは有効か?

器質性EDにカマグラゴールドは効果を出します。
ただし、併用禁止薬や注意薬もあるので、投薬をなさっている方はコチラをご覧ください

事故や手術で神経や血管が傷つき、軽度~中度のEDを発症している場合はカマグラゴールドの効果が期待できます。
手術、事故から2年程かけじっくり神経や血管が修復されるのを待ちましょう。
もしもカマグラゴールドで効果が見られない場合は医師に相談し、陰茎に直接注射を打つICI両方へ進みます。

薬剤性タイプ

薬剤性ED

抗うつ剤、高圧剤など、普段服用している薬による影響でEDを発症する場合があります。

EDに繋がる可能性がある薬剤は以下の通り。

中枢神経に作用するもの ・抗うつ剤
・向精神薬剤
・抗けいれん剤
・解熱・消炎鎮痛剤
抹消神経に作用するもの ・鎮けい薬
・抗コリン薬
循環器系に作用するもの ・不整脈治療薬
・降圧剤
・利尿剤
・血管拡張剤
・脂質異常症治療剤
消化管に作用する薬剤 ・抗コリン剤
・消化性潰瘍治療薬
・鎮けい薬

これらの薬を日常的に服用している方はEDを発症する可能性があります。

薬剤性EDにカマグラゴールドは有効か?

薬剤性EDの場合、むやみにカマグラゴールドを服用するのはオススメできません。なかには併用注意薬もあるからです。

薬剤性EDを発症している可能性のある方は、薬の量を減らす、種類を変えることで症状が改善される場合もあります。いずれにせよ常用している薬がある方は自己判断でカマグラゴールドを服用せず、必ずかかりつけの医師の指示に従ってください。

いかがでしたか?このようにED症状にはタイプがあり、それによってカマグラゴールドが効果的かそうでないか分かれる事になります。
まずは自分の症状をチェックし、賢くカマグラゴールドを頼っていきましょう。

投稿日:

Copyright© カマグラゴールド通販が人気!EDコンプレックスから解放されよう , 2019 All Rights Reserved.