知っておくべきカマグラゴールドの副作用・併用禁忌薬

知っておくべきカマグラゴールドの副作用・併用禁忌薬

通販で購入可能の海外製ED治療薬カマグラゴールドは低価格かつ勃起効果が抜群。それゆえ人気のあるED治療薬ですが、医薬品であるため当然副作用や併用禁忌薬が存在します。

副作用が心配で服用まで一歩踏み込めない方もいるのではないでしょうか。

また現在投薬中である方や持病がある方はカマグラゴールドが適さない場合があります。
何も知らずに服用してしまうと命の危険にも関わりますので、しっかり把握しておきましょう。

今回はカマグラゴールドの副作用や併用禁忌薬、注意点などご説明していきます。

カマグラゴールドのよくある副作用

カマグラゴールドのよくある副作用

カマグラゴールドの主成分「シルデナフィル」には血管を拡張させ、血行を良くする効果があります。その作用により勃起ができますが、血管拡張作用に伴った副作用を発症する可能性も。

よくある副作用は以下の通りです。

・頭痛
・鼻詰まり・
・顔のほてり
・めまい
・動悸

これらの症状は一過性ですむ場合が多いでしょう。副作用は薬の効き目が出てきたころに発現し、切れる頃にはおさまっている事がほとんどです。

もっとも多いのは頭痛・鼻詰まり・顔のほてり!

カマグラゴールドの副作用でもっとも多いのが、頭痛や鼻詰まり、顔のほてりです。

・頭痛
薬の作用で血流が良くなりますが、血液量が増えるわけではないので頭部の血液が不足し、貧血状態となる事があるため、それによって頭痛を引き起こします。
頭痛は副作用のなかでもナンバー1の報告数です。

・鼻詰まり
鼻にはたくさんの血管が通っています。カマグラゴールドの血管拡張作用は全身におよびますので、鼻の血管も拡張され、空気の通り道を狭くし、鼻詰まりが起きやすくなるのです。

・顔のほてり
これもまた血管拡張作用により、顔や頬に熱を感じ、赤くなります。顔以外でも皮膚に赤みが出る場合もあるでしょう。
お風呂に浸かったり、お酒を飲んで良いが回ったりした時のような感覚に近いです。

副作用の発現は薬が効いている証拠でもあります。
ですが頭痛や鼻詰まりは、症状の度合いによってはセックスに集中できなくなってしまうかもしれません。その場合は市販の頭痛薬や鼻炎薬を飲んでも大丈夫であるとされています。

稀に起こる副作用

カマグラゴールドの副作用で稀にあるのが視覚異常や勃起持続症です。

視覚異常の症状は視界が青くなる、黄色がかってみえる、青と緑の区別がつかない、目のかすみ、まぶしい、白目が赤くなるといったものがあります。
ただこれも一過性で効き目とともに落ちつく事がほとんど。ですが急激な視力低下が起きた場合はすぐに眼科医の診察を受けてください。

もう一つの稀な副作用は勃起持続症です。勃起持続症は4時間以上勃起が続いて治まらない症状を言います。快楽はなく、痛みがあるのが特徴です。
この症状を放置してしまうと、陰茎周辺組織が壊死し、勃起機能が喪失してしまう可能性が。ただちに医療機関を受診する必要があります。
カマグラゴールドを服用して勃起持続症を発症した日本人男性はいませんが、海外では少数ながら報告されています。

副作用の症状を少しでも軽くしたいのであれば、服用方法に気を配る事です。

どんな医薬品でもそうですが、安全に薬を利用したいのであれば用法容量を守る事でリスク回避に繋がります。

カマグラゴールドの服用方法はコチラ 

守らないと危険!カマグラゴールドの併用禁忌薬

守らないと危険!カマグラゴールドの併用禁忌薬

併用禁忌薬とは服用している治療薬との飲み合わせが悪い物をいいます。

飲み合わせが悪いと、治療薬の効果が出すぎたり、あるいは激減する可能性があります。最も怖いのが副作用が強く現れてしまうこと。

常用している薬がある方がカマグラゴールドを服用する場合は必ず掛かりつけの医師や薬剤師、専門の方に相談する必要があります。
自己判断で決して服用しないようにしましょう。

カマグラゴールドの併用禁忌薬は以下の通りになります。

硝酸剤・ニトログリセリン系の薬剤

狭心症、心筋梗塞などの心臓疾患の方に処方されるお薬です。
硝酸剤やニトログリセリン系の薬剤には、カマグラゴールドと同様血管を拡張させる作用があります。併用してしまうと、双方の薬剤の効果により、血管拡張作用が過剰に起きてしまい、急激な血圧低下を招く恐れが。急激な血圧低下は命の危険もあります。

アンカロン錠などアミオダロン塩酸塩が成分の薬剤

不整脈の方に処方されるお薬です。
成分のアミオダロン塩酸塩は心臓の動きに遅れが生じている時、脈のリズムをコントロールし、整える働きがあります。
カマグラゴールドの成分であるシルデナフィルと一緒に服用すると、アミオダロン塩酸塩の作用が強まり脈のコントロールが乱れる可能性が、
脈コントロールの乱れも命の危険に繋がります。

リオシグアトが成分の薬剤

肺高血圧症の方に処方されるお薬です。
人間の体は呼吸をする事で酸素を取り込み、血液の流れにより酸素を全身へ行き渡らせます。肺に取り込んだ酸素は血液の流れとともに心臓へと向かい、全身へと送られるのですがこの肺と心臓を繋ぐのが肺動脈です。
肺動脈は細かい血管からなります。肺高血圧症の方はこの血管が詰まったり、硬くなったりする事で圧迫され、血管にプレッシャーが掛かり発症してしまうのです。
リオシグアトには血管を拡張させる作用があります。カマグラゴールドと一緒に服用してしまうと、血管拡張作用が大きく働きすぎてしまい、肺動脈の働きに支障をきたしてしまうのは否めません。

これらの薬剤を服用している方はカマグラゴールドを使用する事ができませんので注意しましょう。

カマグラゴールドの服用でその他気をつけたいこと

併用禁忌薬以外にもあるのが、併用注意薬。
併用注意薬とは充分注意した上で併用が可能が薬剤の事です。

併用注意薬はとても多くの種類があります。
上記の薬剤に当てはまらなくても何か持病があったり、病院で処方されている薬がある方は必ず医師の指導のもとカマグラゴールドを服用するようにしてください。

そして併用禁忌薬、注意薬とは別ですが、
高血圧(170/100mmHg以上)
低血圧(90/50mmHg以下)
このように血圧が乱れている方、あるいはコントロールが管理されていない方はカマグラゴールドの服用ができませんのでご注意ください。

ED男性に人気のあるカマグラゴールドだからこそ、1度は使ってみたくなる人も多いでしょう。しかし安易に使用せず、副作用のリスク等をしっかりと理解したうえで服用することです。
そして併用禁忌薬や注意事項をよく読み、決して自己判断でカマグラゴールドを使用しないようにしましょう。

投稿日:

Copyright© カマグラゴールド通販が人気!EDコンプレックスから解放されよう , 2019 All Rights Reserved.